カテゴリ:イタリア遠征記( 15 )

イタリア遠征記 最終回

こんばんは、ダイゴローですd(^_^) 自分自身あそこで順調に終わると思っていたのですが予想外の事が起こったんですよ〜(^_^;; というワケで・・・続きです!!

アクシデント発生!!
バスは順調に進みフォルテッツアの駅へ到着しました。飛行機の離陸時間まではまだ12時間程あり、ミラノへは5時間掛からないぐらいで着く予定。こりゃ少しはミラノ観光が出来るな(^_^♪ なんて思いながら駅へ。

駅の入口には旅行者らしき集団が居ました。その集団をかき分けて駅の構内へ。切符を買おうと窓口に行くと・・・閉まってる(=_=? 朝早いワケでもないしナンデ(=_=??

駅の入口に戻ると一人が話しかけて来ました。

「電車は動かないよ」

・・・・・・・・・・・・・・・(=_=?

・・・・・・・・・・・・・・・(=_=??ナゼ??

「ストライキだって」

・・・・・・・・・・ナニイイイイイイ〜〜〜!!!!!!!

緊急事態発生!!これではミラノまで帰れません!!という事は日本にも帰れません!!周りを見ると皆も困っている模様!!話を聞いてみるとどうやらここよりも大きな隣街まで行くバスはあるとの事。しかしかなり遠回りをしなければならず5時間は掛かるとのコト。5時間掛けて隣町+電車で5時間掛けてミラノ+空港まで。超が付く程順調に行かなければ飛行機に間に合いません!!するとおばちゃんが話しかけてきます。

「隣町までタクシーで行くかい?」

さらに話を聞いてみると80ユーロで良いとの事。・・・隣町までホテルより高い額を払っていくのか(=_=;;? さすがに躊躇・・・しかし飛行機に間に合わなければチケット買い直しという最悪な事態・・・仕方がないとタクシーに乗る事を告げるとおばちゃんはとある車を指差しました。

・・・自家用車やん(=_=;

どうやらこのおばちゃんはこの緊急事態時に金を稼ごうとしている模様(=_=; 車内と見るとチャイルドシートが装着してあり、中には子供がスヤスヤ・・・(=_=;; でも背に腹は代えられないので乗り込みます。というワケで出発(=_=;;;

おばちゃんはすぐにアウトバーンに上がります。そうです!!あの有名な制限速度のない高速道路アウトバーンです!!そしておばちゃんはアクセルを踏み込みスピードを上げます!!速い!!速すぎる!!メーターを横目で見ると・・・180km!!!!子供が寝てるのに速すぎる!!!!しかもウインカーも出さずに車線変更をバンバンして・・・無事?に隣町に到着(=_=;;; そしてこの豪快な想い出の写真を一枚撮らせて頂きました(=_=;;;

c0080347_1335641.jpg

おばちゃんもスゴイのですが終始寝続けていた子供もスゴイです(=_=;;;

そして駅へ行くと・・・やはりここも動いていない模様(=_=;;; 飛行機離陸まであと10時間・・・ピンチ。

しかしここは窓口が開いていた為、一応並んでみます。しばらく並んで時刻板を見てみると・・・

c0080347_1492028.jpg

電車動いてなしい・・・(=_=;; それでもナゼか切符は販売している模様。でも結局電車は動かず払い戻しもしていない模様・・・どないやねん(=_=; 隣の旅行者のお姉ちゃんも激怒中(=_=; そんな中、しばらく並んでようやく自分の番。

「ミラノに行きたいんですけど・・・」
「電車が無い」

終了(=_=; 何の為に並んだんだと切な〜くなります。窓口の人も散々文句を言われていたのでしょう、かなり不機嫌。仕方がないのでインフォメーションへ。しかしこちらも長蛇の列。しばらく並んでようやく自分の番。

「ミラノに行きたいんですけど・・・」
「15時35分に電車が動き出すのでそれまで待ってね」

おお!!スト解除か!!・・・でも4時間後やんけ(=_=; と思いつつも逆算するとギリギリ間に合うかもしれない時間。その言葉が真実で、その後超順調に行く事を願いつつ、とりあえず近くのカフェで飯を食う事に。

15時30分

ホームで待っていると電車は・・・来ました!!止まった瞬間皆が一斉に乗り込みます!!自分も自転車を押し込みナントか乗り込みます!!そして無事に出発!!乗れた!!

その感動の写真がこちら!!

c0080347_1552091.jpg

・・・通路ですが乗れればOKです♪そしてそのまま順調に列車は進み・・・

c0080347_20222.jpg

ミラノ駅に到着!!飛行機離陸まであと1時間ちょい!!観光時間ゼロ!!カメラのバッテリーもゼロ!!でもそんな事は関係無し!!とにかく空港行きのリムジンバス乗り場へ!!ミラノ駅→空港間のバスは本数も多いので大丈夫だろうと思っていたらやはり沢山止まっています!!先頭のバスに乗り込み待つ事10分・・・出発!!

街中は渋滞しておりヤバいかも・・・と思っていたのですが街を抜けると実に順調♪離陸まであと30分の所で到着!!JALカウンターへ直行!!カウンターが見える所まで行くとこちらに気が付いたのかイタリアの方が駆け寄ってきます!!「山田さんですか?」 実に流暢な日本語にやや違和感を感じつつもその方がナンヤラカンヤラやってくれて手続きはすぐに終了!!そしてそのままダッシュで出国の手続きを終わらせそのままダッシュでお土産買って、そのままの勢いで飛行機に乗り込み・・・・

こうして観光時間ゼロの遠征は、最後はバタバタ劇で幕を閉じる事となりました(^_^; いや、本当にギリギリでした。今考えてもあれは危なかったですね。そして・・・

これでようやくイタリア遠征記は終了です!!長い間のお付き合い、誠にありがとうございました!!m(^_^)m 

さ〜て、次の遠征は・・・長野県です!!d(^_^)
[PR]
by daigoro-net | 2008-09-07 00:12 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 14

気が付けばもう14なのですね・・・長々とお付き合い頂き誠にありがとうございました!!いよいよイタリア最終日に突入です!!

最後の晩餐

宿に帰ると夕食です。今まで美味いイタリアンを堪能させて頂いていたのですが・・・最終日はなんだか更に豪華になってました!!前菜になんと!!

c0080347_23422339.jpg

生ハムメロンです!!これ人生初です!!お味の方は・・・フルーツとハムの組み合わせって美味いんですね♪その後もいつもの美味しいイタリアンが続きます♪

・・・この頃には50ユーロ超えても仕方がないやって思ってました。。。

夕食も済ませてから帰り支度をして部屋に戻り、(イタリア遠征もこれで終わりか・・・)としみじみ。でも(こんなに順調なイタリアも珍しいな・・・)なんて、何事も起こらない事を不思議に思ったり、レースの反省を改めてしてみたりと色々考えながら・・・就寝。。。

帰国

翌朝。朝食でこれでもかっ!!てぐらい食いまくって食いだめして荷物を持ってチェックアウトへ。いよいよお会計です。食事は豪華だったし、部屋は綺麗だったし、途中でカプチーノやら昼食やらを頼んでしまったし、いくらオーバーしてるんだろうとドキドキして待っていると出て来ました請求書!!

一泊50ユーロキッチリ!!

スゴイ!!スゴいぞペンションパノラマ!!イタリアの北部に行く機会がありましたら是非ペンションパノラマに行って下さい!!大満足間違いなしです!!

というワケでオーナーにお願いして写真を一枚撮らせて頂く事に。

c0080347_23544735.jpg

こちらがオーナーです。慣れていないのか直立不動の状態で撮らせて頂きました(^_^;

そしていよいよ出発です。オーナーの車でバス停まで送って頂き、絶対にまた来ます!!と握手を交わしてバスに乗り込み出発。あとはフォルテッツアの駅でミラノ行きの電車に乗れば帰国です。

(色々あったイタリア遠征もこれにて終了か・・・あっという間だったな・・・でも今回も貴重な経験を積む事が出来たな・・・来れて本当に良かった)

帰りのバスの中、この旅を振り返っりながら外を眺めていました。

自分の知らない世界へ行く事は、もちろん大変な事も沢山ありますが、それにまさる感動も沢山あります。今までやった事がない事に挑戦する事も、これも勿論色々と大変ですが、達成した時は今までに感じた事のない喜びを感じる事ができます。この日記を見て自分もやってみたい!!行ってみたいと思った方は是非挑戦してみて下さい!!今は無理でも、想い続け、努力し続ければ絶対にその想いは叶うと思います。まずは行動!!だと思いますd(^_^)

こうして、ダイゴローのイタリア遠征記は無事に幕を閉じる・・・


・・・ハズだったのですが・・・


・・・この後予想外の出来事が・・・


・・・続く(=_=;
[PR]
by daigoro-net | 2008-09-05 00:12 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 13

の前に、この度は本当に多くの方々からの書き込みやメール、お電話によるご心配や励ましのご連絡、本当にありがとうございました。母の容態はその後順調に回復に向かい、5日には無事に退院する事となりました。これも皆様のご心配と励ましのおかげです。本当にありがとうございました。これを機に少しは母に楽をさせてやろうと思っています。という事で、ちょっと時間に余裕の出来るであろう母はまたちょこちょこレース会場に現れると思いますので、今後もよろしくお願い致しますm(^_^;m

ではではそろそろ終盤の遠征記の続きです(^_^;

翌日の一般レース

朝目覚めるととにかく体中が痛くて中々起き上がれずベットでしばらくゴロゴロした後、なんとか起床。朝食を食べる為に食堂へ行くとこの日もハムやチーズが山盛り状態♪(今日は遠慮なく食いまくってやろう(^_^♪)と、パン→生ハム→チーズ→ハム→チーズ→生ハム→チーズ→パンという順番に重ね、何とも贅沢なサンドイッチを作り、カプチーノをお願いしてのリッチな朝食♪これがまた美味かったこと♪♪イタリア最高♪♪と思いつつ、本当にこれで一泊50ユーロなんかいな(=_=;;?とかなり不安。。。

朝食を終えると昨日友達になったルカを応援しに行くため会場へ向かいます。自転車にまたがると坂道を下るまでは良かったのですが平地に入った瞬間全く動かない体(=_=; やはり昨日はハードだったなとしみじみ。。。

コース脇でまずは観戦しようと山を登り始めると早くも交通規制で渋滞している車の列を発見!!一般のレースでもしっかりと規制出来てしまうヨーロッパってスゴいですね(^_^)

c0080347_010176.jpg

で、コース脇でルカを探したのですがどうにもこうにも人数が多すぎて分かりません(=_=;? おそらく1000人以上が通過したと思います。とにかく多かった!!

一通り見て場所を移動。中盤の川沿いへ移動します。ここで自転車を止めて、トップがやって来るまでしばらく日向ぼっこ♪写真には写ってませんが隣にはビキニのおばちゃんも日向ぼっこをしておりました(^_^;

c0080347_0111958.jpg

そして集団がやって来ます!!

c0080347_0104575.jpg

1000人が目の前を通過するワケですがからなかなかの迫力!! そして応援していると手を振ってくれたり返事をしてくれたりしてくれるので楽しくて楽しくて♪中には・・・

c0080347_012070.jpg

タンデムで参加している選手もいました!!スゴイ!!

で、ここでまたしばらくルカを探したのですが発見出来ず・・・(=_=; 仕方がないので会場へ戻ります。

会場へ戻ると短い距離のクラスの選手は既にフィニッシュしておりました。その後も次々と選手が帰って来ます!!

c0080347_0123732.jpg

そしてここでしばらくうろうろしていると・・・

c0080347_0131611.jpg

ルカも無事にフィニッシュ!!話を聞くと、どうやら最初の峠で力尽きてしまったとの事。でも完走出来て嬉しい!!また来年もチャレンジするよ!!と言ってました。素晴らしい!!

で、こちらが日本に帰って来てからルカに送ってもらった写真です。楽しそうに走ってますよね(^_^♪

c0080347_0161316.jpg

こうして一般レースも無事に終了。日本でもこんなイベントが出来たら良いな・・・なんて思いつつ宿へ戻りました。まあ難しいとは思いますが・・・(=_=;

それでは今回はこの辺で。眠いです・・・(=_=;;; オヤスミナサイ。。。

つづく。。。
[PR]
by daigoro-net | 2008-09-03 01:12 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 12

こんばんは、昨日は奥村選手と一緒に練習したのですが、走行中に自転車にハエが止まった男ダイゴローです(T_T) 俺ってそんなに遅いか・・・いや負けん!!と奮起し、ダンシングして加速し、その勢いのまま下りに突入してハエを吹っ飛ばしてやりましたd(=_=

では続きですd(=_=

レースのあと

フラフラの状態でフィニッシュし、少し座り込んで放心状態。しかし今回は本当に一人の為このままというワケにはいきませんので何とか立ち上がりまずは教会の下の茂みに隠していたカメラ諸々を回収してフラフラと宿へと向かいます。

そして会場外れの駐車場までフラフラとやってくるとおっちゃんが声を掛けて来ます。誰?と思ってそっちを見ると、なんと最後に自分の後ろに付いてくれたバイクのおっちゃんでした!!

c0080347_1131451.jpg

『ナイスファイトだった!!よくフィニッシュしたな!!お前が今日のレースのベストライダーだ!!』

おっちゃんの表情と単語を拾うと、おそらくそう言ってくれていたのだと思います。本当に嬉しい瞬間でした。頑張って良かったと心から思えた最初の瞬間です。お礼を言って握手を交わし、記念に写真を撮らせて頂きました。本当に優しいおっちゃんでした♪今思い出しても、本当に嬉しかったな〜(^_^♪

おっちゃんと別れてちょっと進むとフランスナショナルジャージを着た選手が話しかけて来ました。

『フィニッシュ出来た?』

無事にゴールにたどり着いた事を告げ、話してみるとどうやら前半に入っていたフランスパックの中に彼も居たとの事。

『あの時の平地のスピードはスゴかったよ!!』

・・・いや、勿論お世辞だって事は分かっているのですが・・・これも嬉しかったな〜(^_^♪
彼の名前はジョナサン君。3年連続でフランスの代表になっている将来有望な選手です。記念に2人で写真を撮ってアドレスの交換をして再会を約束して別れました。

c0080347_1391592.jpg

現在ちょこちょこメールのやり取りしながら親交を深めています(^_^♪

そして本当にフラフラしながら、宿の前の坂を時速3km程の、今にも倒れそうなペースで上り切り(これが一番キツかったりしました(=_=;;)無事到着。宿に入ると既にディナーの用意がされており、シャワーを浴びてフラフラと食堂へ。お腹は減ってるはずなのに食べる事さえキツく感じてしまう程の疲労感。あの感覚は始めてでした。しばらくもがきながら一人で食事をしていると斜め前のイタリア人のグループから声を掛けられました。

『今日のレースはどうだったの?』

彼らの中にフランス語を話せる人が居たので何とかコミュニケーションが成立し、テーブルに呼ばれて一緒に食事をする事に。話を聞いてみるとフランス語を話せるルカ君が翌日の一般クラスのレースに参加して、友達はその応援に来たとの事。
c0080347_1413342.jpg


c0080347_1443765.jpg


マウンテンバイク初レースです。どうすれば良いのか??コースはどうなのか??質問に答えて自分なりのアドバイスをして、ちょこっと脅かしたりして励まし、翌日応援に行くからという事を告げて夜9時に部屋へ戻りました。ベットに転がり込みツールドフランスのダイジェストを見ながらしばらく体中の傷みに悶えていると・・・・

・・・ZZZzzz

こうしてその日はいつの間にか寝てしまってました(^_^;

というワケで今夜はこの辺で。次回は一般レースのレポートをしたいと思います。

続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-08-22 00:04 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 11 レースレポート

こんばんは、ダイゴローです。長期連載中の遠征記、とうとうレースレポートです!!ベースは出来ているのですが、ちょこちょこ解説を付けながら出来るだけ分かりやすく書きたいと思いますd(^_^) もし分かりにくい所や、もっと詳しく聞きたい!!って所がありましたら遠慮なく言って下さいね。

UCI Mountain Bike Marathon World Championships 2008 レポート

ロードレースでもなんでも、イタリアのレースは上りが厳しい。以前からそのような話は聞いていたのですが、フランスのアルプスのレースも走り切ったし、119kmという距離もベルギーで体験したし、大丈夫だろうと考えていたのですが・・・コースマップを見てちょっとビビリ、実際前日にコースを走ってみて不安になり・・・でも本番になればテンションも上がるし大丈夫さと自分に言い聞かせていざ本番!!

トータルで3000m以上の上り、そして急な勾配。最標高は2000mに達し、全長は1999km。数字だけでも過去最長に過去最高!!イタリア北部の山岳地帯で開催された今回のレース、変わりやすい天気の為前日に少し雨は降ったのですが当日の天気は晴れ。絶好のレース日和でした。

スタート順は89番目で後方に位置しておりましたが、しばらくはコース幅も広い為問題は無し!!というか、どうせスタート後にいきなり現れる1000mの上りが控えているし抜きにくい事は無いでしょう。それよりも、間違いなく上がるペースをどう克服し、その後どう展開させるかを考えておりました。最初抑えて後半に勝負した方が良いのか、それとも最初から出来るだけ集団について行った方が良いのか(=_=;?

スタート前、ゼッケンナンバー100までの選手は名前をコールされての入場です。スタンドの前を通る為声援はかなりのもの!!なにかしてやろうと思い・・・

(^人^)=3

合掌で入場♪これが大ウケ♪ヨカッタヨカッタ(^人^)

そして全ての選手がスタートラインに並び・・・

2008年7月5日!!12時の定刻通りにレースはスタートしました!

スタートしてしばらくはアスファルト区間だった為に予想通りにペースは全開!!というかこれはロードレースか!???(=_=;? と思う程のハイペース!!しかしここは過去のレースでも経験していたので自分のポジションをしっかり守り、周りにからむ事無く列に入る事に成功。一端列に入るとしばらくはペースも落ち着くはず!!呼吸おき、次に来る上りに備えました。

・・・本当に落ち着くんかいな(=_=;;;?

そしていよいよ1000mの上りに突入。集団のペースは若干緩むものの勢いは衰えず、本当にこのまま1000mを上りきってしまうのではないか?と思わせる程に集団は活性化しており、徐々にそのペースに着いて行くのが厳しい状態に(=_=;;;;;;;; しかしそれは周囲も同じ状況だったらしく、集団は徐々に長く伸び、そして細かく別れ始めました。自分はすかさずフランス代表選手3名を含む数名と合流し、小集団と形成してレースを展開させて行く事になりました。

ちなみにスタート直後の映像はこちらです↓↓↓改めて見るとやっぱ速いですね(^_^;
http://jp.youtube.com/watch?v=04X2bF_-LMo

小集団のままで上りも半分まで差掛かりました。ここまで来ると前半に飛ばし過ぎた選手がパラパラと落ちてき始めており、少しづつではありますがポジションを上げておりました。そして上りの後半、フランス人選手2名が飛び出したのをきっかけに集団は一列になり、そこから更にそれを1人で追いかけたので独走状態へ。そのまま100m程前の2人のペースを見ながら自分のペースを作り、そして独走のままで最初の峠を上りきりました。8割程の力での登坂を保っていたので脚はまだまだ残っており、ここからしばらく続く平地と下りで序盤の遅れを取り戻そうとここでペースを上げました(=_=;

山頂に少し存在する平地区間で一気に前を走るフランス人2選手を一気にパスし、そのままの勢いで下りへ。前に1人見えており、その選手を追いかける形で今度は逆に800mを駆け下りました(=_=======

スイッチバックと呼ばれる行ったり来たりの砂利の下りを終えると下り勾配もかなり緩くなりほぼフラットな状態へ。独走状態が徐々にキツくなってきていたのですがここは踏ん張りどころとペダルを回し、そのままのポジションで2つ目の上り返しに差掛かりました。上りに入ると距離は短いものの勾配がきつくペースダウン。ペダルの回転数に気を付けながら上っていたのですが先ほどパスした2選手に追いつかれてしまい3人でしばらく進む事になりました(=_=;;;

そしてこのコース最難関の3つ目の峠へ。700mという高さに加えてかなりの急勾配。実際に走ってみるとスキー場を逆走する形になっており、しかも炎天下。徐々に体力がなくなってきてしまい2人にも置いて行かれて再び1人に(=_=;;;;;;;;;;;

上っても上っても山頂は見えず、勾配は更に厳しくなりペースも徐々に落ち始めておりました。そしてとうとう一番軽いギアに入り、そのペースを維持する事が精一杯の状態に。このレースで一番苦しい時間帯でした。とにかく淡々とペダルを回す事しかできずひたすら我慢。とにかく苦しくて、本当に気合いと根性のみで走っている状態に突入しておりました;;;;;;=_=;;;;;;;

もうどこの筋肉を使っているのかさえ把握出来ない状態まで追いつめられた所でようやく3つ目の峠をクリア。ここで冷たい水とゼリーを体に流し込み意識を少し戻して、気合いを入れ直して下りへ。上りが駄目な分はここで取り返さなければと気合いを入れ直しました。

下りへ入ると、上りで力を出し尽くして重力に身を任せた状態で下っている選手が数名おり、それらの選手をパス。苦しいのは自分だけではないと言い聞かせて上り返しへ。しかし、この上り返しで思うように体が動いてくれず、自分の体力がもう残っていない事を思い知らされました(T_T;;;;

それからは上りは根性、下りはバイクまかせという状態が続きました。自転車から降りている選手を見る度に、自分もこの辺で・・・と弱気になり、その度に出発前に応援と共に送り出してくれた方々の顔が浮かび思いとどまり、サイクルコンピューターの数字を見ながら、カウントダウンをしながら、ただただ根性で走っておりました。

そして最後の山へ。3つ目の山のような勾配だったら絶対に登れない・・・と不安一杯で登り始めると、しばらくはアスファルトでした。(助かった・・・)と思いながらなんとか進みんでいました。しかし!!途中で鼻から液体が出ている事を感じ、(鼻水かな??)なんて思い拭ってみると・・・

・・・真っ赤(T_T;;;;;

(ここが人間の限界なのかな・・・)なんて思いながら、それでも気合いで進んでいると・・・

なんと後ろからバイクが・・・(T_T;;;;;

(嗚呼、きっと最終走者なんだろうな・・・(T_T;;;;;)

という事を考えながら更に進むと、死んでる自分より更に死んでる選手が・・・・なんとかパス。

そしてなんとか上り切り、下りも何とかこなし、あと5kmの看板をふらふらの状態で通過。後ろにバイクを従えて、本当に全てを出し切ってフィニッシュラインを通過しました。

結果は100位・・・惨敗でした。

3つ目の山の途中から、もうレースをしている状況ではなくなっておりました。過去最高に辛いコースであり、苦しいレースでした。次の日までダメージは抜けず、動く度に体が軋み、その度に悔しい思いで一杯でした。いまレポートを思い出しながら書いているのですが、やはりキツかったな・・・そして悔しかったなと、あの時の感情が湧き上がってきます。

しかし、今考えても、やはり参戦できて良かったです。あれからマウンテンバイクに対する考え方が良い意味で変わった気がします。あのレースを思い出したらどのレースも耐えられる気がしますし、あんなに辛い思いをしても今は楽しかったと言えます。やっぱり自分はマウンテンバイクが好きなんだな〜としみじみ思います。

・・・とは言っても、帰国後の2レースは疲れを引きずりまくって、脚は回らず気持ち空回りでしがけどね・・・(T_T;

今回のレースはこんな感じで終了しました。いや、本当にキツいレースでした(^_^;

最後までお読み頂きありがとうございました!!このレポートを読んで、俺も行ってみたい!!私も挑戦してみたい!!そう思ってくれる選手が増えてくれると自分としては嬉しい限りです。

そして、応援してくださった多くの皆様!!本当にありがとうございました!!結果がついて来ない事が本当に申し訳なく思うのですが、この遠征を絶対に先へ繋げます!!これからも応援、よろしくお願いします!!

というワケで、今回のこの辺で。次回はレース後の遠征記です!!・・・続く!!

[PR]
by daigoro-net | 2008-08-18 00:18 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 10

オリンピック面白いですね!!じっくり見る時間が無いのが切ないのですが、合間合間の楽しみとなっております♪ そして・・・山本幸平選手の活躍も楽しみです♪♪

さてさて・・・すっかり長期連載化してしまったイタリア遠征記です(^_^; ボチボチとお付き合い下さい。

受付

さて、いよいよ受付です!!言葉は通じなくてもやり方を分かっていれば何とかなるものですd(^_^)

やり方は・・・Jシリーズとほぼ一緒です。まずライセンスです!!

c0080347_01239.jpg

ライセンスを見せてサインをします。さてここでサインなのですが、他の選手はどう書いているのか知りませんがダイゴロー選手は勿論・・・漢字です!!

山 田 大 五 朗

書き終えると受付のおばちゃんがじーっと自分のサインを見て一言。

『ファンタスティック :-D 』

こっちで漢字を書くとこのような事が多々あります(^_^♪


余談ですが、昔ベンソンという人の名前を漢字で書いてくれと頼まれた事もありました。

便 損

と書いてあげました。。。(^_^;


続きましてジャージのチェックです!!

c0080347_08178.jpg

このおっちゃんに見せて・・・あっさりOKv(^_^)

とまあこれだけですv(^_^)v

そして宿へと帰りました。あとはゆっくり休んで当日に備えますd(^_^)

そしていよいよ・・・当日!!

たっぷり休んでバチッと目覚め、頼んでおいたパスタをたらふく食べて部屋に戻って最後の準備を。

ドリンクと補食を用意してジャージにゼッケンを付けて、最後に秘密兵器を♪

c0080347_021642.jpg

これは上り始めと頂上の距離と高度を書いたメモです。これをトップチューブに貼付けておきます。すると自分の現在地がおおよそ分かるという仕組みです♪

・・・まあこれが今回に限っては自分を苦しめる事になってしまうのですが・・・(=_=;

準備を終え、スタート1時間半前に宿を出発。アップしながら会場へ向かいます。

会場には沢山の人人人!!スタート地点にはスタンドもあるし、こんなに盛り上がったマウンテンバイクの会場を見るのは始めてでした!!

c0080347_0374824.jpg


そしてここで記念に写真を一枚♪

c0080347_0384652.jpg


というワケで・・・お待たせしました!!次回いよいよレースレポートです!!

というワケで・・・続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-08-15 00:48 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 9

こんばんは、ダイゴローです。今夜は世界戦のコースを、ごく一部ですが紹介したいと思います。日本ではあり得ないような所を平気で走らせる世界のコースはやはり面白いですよ♪

一部ですが・・・コース紹介!!
チャーリー君とウオーターさんと別れて一人で最初の山の下りを下っていると・・・

c0080347_143307.jpg

突然こんなのが現れたりします。これはオートバイ止めですね。でも自転車も降りなければ通れません(^_^; そうなのです!!降りなければ通れない道もコースとして使われる事があります!!世界戦本番ではこの柵は無くなってましたが、ワールドカップでは普通にこのままでした(^_^;;

続きまして・・・

c0080347_144281.jpg

牧草地です。当然牛も居ます(^_^;; そして普通にこの中を走行します。こんな機会は滅多にないので牛の群れの中を走る写真を撮ろうとセルフタイマーで挑戦してみました。

1回目

c0080347_1442415.jpg

失敗(=_=;

ではバイクを向こうに置いてダッシュで駆け寄りさっと乗って取ってやろうと試みたのですが・・・

2回目・・・

c0080347_1445530.jpg

失敗(T_T;

こんな事を数回繰り返しているといつの間にか牛が遠くに行ってしまい結局撮れずじまいでした。。。残念。。。

次に日本ではありえないだろうというのが・・・

c0080347_1452566.jpg

矢印のみ(=_=; もう信じて突っ込むしかありません。信じてしばらく進んでいたらコーステープが現れ一安心(^_^;;

そして・・・

c0080347_146957.jpg

こんな気持ちの良い所も走ります♪

ごくごく一部ですが、こんな所を走ってきました(^_^♪ まあのんびり走るには気持ちが良いんですけどね・・・(=_=;;;;

そして会場近くで・・・

前日の体ならし&試走も無事に終わり、受付をしようと会場に向かうと向こうから虹色のジャージを着た選手がこちらに走って来ます。まさか・・・と思いながらわくわくして近づくと・・・

ホンモノのアルカンシェルを着たサウザー選手です!!どうやらダウン中でのんびり流している模様。ここでケイシローから言われた言葉が頭をよぎります!!

『有名選手の写真を撮って来てね』

撮らねば!!と、慌てて方向転換をし、通り過ぎたサウザー選手を追いかけます!!向こうはダウンのペース!!すぐに追いつくとギアを掛けてペースアップ!!なんて話しかけよう?フランス語通じるかな??英語かな??と、ドキドキしながら近づいていくと・・・近づいて行くと・・・近づいて・・・近づ・・・ん?・・・あれ???・・・差が縮まらない?????

そうなのです!!差が縮まらないのです!!一定の差を保ったまましばらく進み街中へ!!これは弱った(=_=;; と若干弱気になりながらも追いかけていると・・・宿の前でストップ!!そしてとうとう追いつきました!!

はろ〜と近づきカメラを出して拙い英語で一緒に写真を撮らせて下さいとお願いすると快く応じてくれました♪♪

c0080347_1463960.jpg

感動の瞬間でした!!そして日本人である事を話すと

サ『日本にもスペシャの選手が居るよね!!確か・・・チ・・・チ・・・チ・・・チケヤ!!』
だ「竹谷選手です(^_^;;」
サ『そうだタケヤだ!!』
だ「あとシバタケンタロー選手も居ますよ(^_^)」
サ『そうそう、知ってるよ』

とまあこんな会話をかわして、握手を交わしながら明日の健闘を讃え合い別れました。クリストフ・サウザー選手!!いや〜いい人でした(^_^♪

そして受付へと向かうのですが・・・今日はここまで!!続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-08-06 02:29 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 8

いや〜暑いですね(^_^; 皆さんバテていませんか?では続きです!!

レース前日・・・試走

19時にディナーを食べて部屋に戻るとなぜか眠い・・・時差の調整はしてきたので時差ぼけではないはず・・・旅疲れかな??なんて思っているといつの間にか・・・

朝9時起床・・・9時・・・12時間睡眠(=_=; 12時間一回も起きる事なく眠り続けておりました。しかもまだ頭がボーッとしている状態(=_=ZZzz ふと、ここは標高どれぐらいなんだ?と時計に付いている高度計を見ると・・・

c0080347_085316.jpg

1200!!(=_=;; 高い!!ボーッとする原因はこれか??と思いつつごそごそ起きて朝食を済ませまたちょっとボーッ(=_= としてごそごそ着替えて出発(=_=

受付は昼過ぎからとの事なのでコースが分からぬままフラフラ山に登る事に。

c0080347_0103155.jpg

1200mにも関わらず周りの山はさらに高く、どんだけ高いんだろう?なんて思いながら軽めのギアをクルクル回しながら上り始めます。しばらく行くと駐車場が現れました。どうやら車はここまでしか上がれない模様。ここからは徒歩と自転車と馬のみです(^_^♪

c0080347_0555758.jpg

さらに上がって行くと気が付けば標高1800m。アスファルトを走っているのですがそれでもなかなかキツい(^_^; これがコースだったら大変だな・・・なんて思いつつ走っていると・・・

c0080347_0122930.jpg

・・・コースでした(T_T;
・・・しかもコースはアスファルトじゃないし(T_T;;

さらに進み標高1900m!!ここで独りぼっちの記念撮影v(^_^;

c0080347_013253.jpg

Photo by セルフタイマー君

撮影後、さらに登ってとうとう2000m!!高い!!ここで他の試走中のライダーを発見!!
彼はイギリスからやってきたチャーリーさん。写真を撮ってくれたのはウオーターさん。一般クラスに出場するとの事。この山スゴいね〜なんて話をしながらしばらく一緒に走る事に。

c0080347_0141121.jpg


c0080347_0151043.jpg

そして自分は山を下って離脱。最初の山だけ確認して試走を終えました(^_^;

こんな山を3つ越え・・・明日は大変だな・・・と思いながらとりあえず受付へと向かいました。。。


と、今日はここで眠くなりました(=_=;;というワケで・・・続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-08-04 01:11 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 7

随分間が空いてしまいました(^_^; さのさかが終わりしばらくレースがありませんのでまたボチボチと再開したいと思います。宜しければお付き合い下さいm(^_^)m

会場入り!!

ホテルに荷物を置いてバイクを組み立てて体ほぐしがてら会場まで軽く自転車に乗る事にしました。イタリアでの初ライド♪ホテルから出発して気持ち良く坂を下っていると♪・・・なんと前方からこちらに車が向かって突っ込んで来るのです!!『うおお危ない!!気をつけろ!!』と叫んでみて・・・

・・・

・・・そうや、車線が反対やった(=_=; と、反省。

※ ヨーロッパは日本とは反対に右側通行です。皆さんは気を付けて下さいね(^_^;

さて、そんなこんなで会場に近づくと現れました!!参加国の国旗です♪

c0080347_0141230.jpg

で、あるのかな?とドキドキしながら探してみると・・・

c0080347_0143893.jpg

この瞬間は嬉しかったですね(^_^♪♪

c0080347_0145871.jpg

会場入りするだけで一気に興奮した一日でした。

そして次の日はいよいよ試走です♪

というワケで・・・続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-08-01 00:36 | イタリア遠征記

イタリア遠征記 6

こんばんは、只今秋田のダイゴローです。全日本までに・・・なんて言っていたのですがどうやら全然間に合いそうにないです(=_=;

さて秋田なのですが、涼しいですね♪まだ市内で明日会場入りし試走、そして明後日レースです!!コースもかなり変わって上りもテクニカルになっているとの情報を先ほどnさんからお電話で頂きました。楽しみです♪

それでは、久しぶりにのんびりしているここ秋田で・・・続きです!!

出会い♪

さてさて、ここで待っているように言われたダイゴロー選手は大人しく・・・できるワケも無く近くをうろうろうろうろ。そうこうしている内にバスの時間が近づいてきてバス停に人が集まってきました。そろそろ来るかな?と思いバス停に戻り今度は大人しく待っていると、先ほどの99パーセントは日本人と思われるご夫婦が近くに。再び話しかけようか葛藤が始まりました(=_=; そんな挙動不審なダイゴロー選手を察してか、あちらから話しかけてきてくれました。「日本の方ですよね・・・?」

c0080347_1519100.jpg

こちらが話しかけて下さった金子ご夫妻です。休暇をとってヨーロッパを回られており、会場近くの湖を目指しているとの事でした。こんな田舎でまさか日本の方にお会い出来るとは思いませんでしたので嬉しくて嬉しくて、色々なお話をさせて頂き、聞かせて頂きました♪そして先日BBSにも載せて頂いたのですが写真を取って頂いたりして♪楽しい時間を過ごさせて頂きました♪本当にありがとうございました。そして、お二人の応援を背に自分の方が先に下車。会場近くにやってまいりました♪そして、予約している50ユーロの格安ペンションを目指します。はたしてどんなペンションなのか・・・不安一杯(=_=;

近くの人にペンションの場所を聞いてみるとどうやら山の上との事。なのでそこからさらにバスで移動。5分の移動でペンションの真ん前へ到着!!現れたペンションは・・・

c0080347_1254554.jpg

めちゃめちゃ綺麗です!!!!部屋もスゴく綺麗です!!!!お湯もちゃんと出るし、ベットもフカフカだし、大満足♪♪♪ヨカッタ(^_^♪ 

宿も良い所だったワケで、後は本番に向けて準備をするのみ!!次回はいよいよ会場入りです!!

・・・続く!!
[PR]
by daigoro-net | 2008-07-20 00:01 | イタリア遠征記